お仏壇の引越しお任せ下さい。仏壇仏具の熊倉では仏壇の引っ越しとクリーニングをセットにして安心の価格と満足の説明を心がけております引越し

洗濯について

洗濯

お洗濯は、一度は耳にしたことのある言葉だと思います。
しかしお洗濯というのは、言葉・文字だけで聞くと、きれいに洗うだけのように考える人も少なくないかもしれませんが、そんな事は御座いません。

お高いイメージもあると思いますが、そこには理由がございます。

お洗濯とは、完全なる再製造(リフォーム)となります。受け継いだ大切な仏壇の木地をそのまま生かし、新品の仏壇を作り上げる行程以上のことを行います。


洗濯の内容は、

分解➡洗浄➡乾燥➡木地直し➡下地塗り➡塗り➡磨き➡箔押し➡蒔絵書き換え➡金具➡組立て


ではなぜ新品と同じ位の価格にならないのか?
それは、お客様の想いを大事にしたとき、先祖から受け継いだお仏壇や、長年手を合わせて愛着のあるお仏壇などに、また手を合わせていきたいと言う想いを汲んでいきたいからです。

※お洗濯の値段はザックリ言うと、購入したときの約半分位の「価値」の値段と言われます、しかし近年では、仏壇の価値が価格競争や技術向上や企業努力の結果、一時代前に比べると、だいぶ安く求められる時代になりました。結果買い直した方がいい場合も多くなりました。
ですが、良い所悪い所をいいますと、下記の3つのケースのように考えるのも、一つの基準になると思います。

作り的に優れた仏壇をお持ちの方 はこちらをクリック。

作り的に並位の仏壇をお持ちの方 はこちらをクリック。

作り的に並より少し下がる仏壇をお持ちの方 はこちらをクリック。


「お洗濯の注意点」

新潟県の場合ですと 仏壇をきれいに=洗濯 という流れが多いようです。
しかし今まで説明してきましたように、仏壇によっては、すす洗いですむ場合もあれば、クリーニングですむ場合もございます。
ちゃんとした説明をしてくれる仏壇屋さんを選び、仏壇に適した修復をしたいものです。

簡単な目安としましては、
・50年以上お洗濯をしていない。
・お仏壇本体にキズが多く、金箔もかなりはがれている。
・買い替えずに、今あるお仏壇を新品同様にしたい。
・次の世代に引き継ぐ前にお仏壇をきれいにしておきたい。



        洗濯前              洗濯後
   洗濯前  洗濯後

      洗濯前                洗濯後

画像の説明 画像の説明

洗濯の工程は、下記のようになります。

 
   お仏壇を分解します。      部品丸ごと洗浄します。

画像の説明画像の説明

  破損箇所補修をします。       下地の塗装をします。
 
画像の説明画像の説明

  漆の塗装をします。          金箔貼替をします。
 
画像の説明画像の説明

  蒔絵の書き換えをします。     組み立てをします。

DSC_0068 (2)画像の説明 

画像の説明